THE DAY AFTER TOMORROW

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鬼わ〜そと、福わ〜うち」ですか♪

<<   作成日時 : 2014/02/03 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

節分です

道路はテカテカ ツルツル です

底の軟らかい長靴だと滑らないようです

子供の時

父親がこの日には豆まきをしたものです

びっくりするような声を張り上げて・・

懐かしいです

もう二度と戻らぬ日々であります

今日は良き人より

こんなものを頂きました
画像
画像
六花亭の季節のもののようです

香ばしい大豆が入っています

本物のコーヒー豆も使われているものもあるようです

気の利く女性ですねっ

ありがとう♪

では、では 父のように・・

「鬼わ〜外 福わ〜内 鬼のまなこをぶっつぶせ〜」

今思えば悪い言葉遣いであります

信玄ゆずりの甲州弁と思いお許しあれ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね〜、六花亭の豆
美味しそうです。
「鬼わ〜外 福わ〜内 鬼のまなこをぶっつぶせ〜」は、初めて聞きました。
きらら
2014/02/04 00:06
きららさん 六花亭、っていろんな新作を出しますよね、きららさんは五稜郭公園のお店へ行ったことはありますか? 桜の頃は最高ですね、きっと雪景色もよいでしょうか。そうか〜、函館の豆まきは何て言うんでしょうかねぇ。 このところ道路も歩道もテカテカです、母上にくれぐれも気をつけるよう伝えて下さい。
カサブランカ
2014/02/04 22:01
おぉ、豆まき。子供の頃に親父が家中、豆まいてましたね。いつの頃からかやらなくなったけど。「鬼のまなこをぶっつぶせ」というのは初耳ですね。郷土色豊かです。

まいた後が大変で・・・踏むと痛いし、つぶれると掃除が大変だし。まいた後、すぐじゃないけど、掃除機で吸うってのもねぇ・・・・まさかまいた豆、放ったらかしにもできないし・・・どうしてたっけ?

こういう袋に入った豆菓子をまく?ってのもアリかな。
けいつ〜
2014/02/07 08:54
豆まき、子供の頃は父が殆ど家にいない人だったから母や祖母がまいてくれました。
年の数だけ食べるとか言われて食べたものですが、カサブランカさんも歳の数だけ食べましたか?
今はその祖母もいなくなり、僕もそのうちいなくなりそうな今日この頃です。
我が家はけいつ〜さんのところと違って住み込みのねえやがいたから、片付けは全部ねえやがやってくれました

2014/02/07 11:27
ははは。住み込みのねえや。
古きよき時代でしょうか・・・今でもそういうのあるんですかねぇ。
けいつ〜
2014/02/07 19:18
けいつ〜さん たしかに いつ頃からやらなくなったんでしょうね。父親、結構気合の入った声でしたよ(笑)後片付けは・・箒で掃いていたような・・そういえば、私は父にお掃除を習った記憶があります。  こういう小袋の発端はけいつ〜さんの思っている豆まき用だったと思いますが・・、じゃなかったかなぁ〜。 達さんの所の「住み込みのねえや」は美人だったんでしょうかねっ(*゜ー゜)v
カサブランカ
2014/02/07 20:29
達さん お父様の留守を守る女性陣は強健だったのでしょうねっ、鬼も退散させたのでしょう♪ そうそうっ、年の数だけ香ばしく炒った豆を食べましたよねっ、12〜3個数えた記憶があるような気がするところをみれば、けいつ〜さんの「いつ頃からやらなく・・」の疑問も解けそうですが、要らぬことも判明しますので知らぬ振りをしておきましょう(笑)達さんはおばあちゃまと暮らしたこともあるんですか、年寄りは知恵袋ですよねっ。
カサブランカ
2014/02/07 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「鬼わ〜そと、福わ〜うち」ですか♪ THE DAY AFTER TOMORROW/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる