職場の方の結婚披露宴に出席する

昨夕 職場のNさんの結婚披露宴があった。 マリエール函館にて

北海道では会費制といって 友人とかが発起人になって参加者を募り一律の会費で

披露宴をするのが一般的のようだ。

招待制というのもあると聞くが御呼ばれしたことはない。

会費は12000円くらいが相場のようだ。

個人的には別途御祝儀はするのだろう、身内のそれに出た事がないのでわからない。

今回のNさんの場合も若い友人達でにぎやかであった。


画像


携帯のぼやけた写真だけれど記念にパチリ。

職場の若い衆が一緒に写っている。

左端がハンドボール選手、よい兄貴分なのだろう、以前に同じ仕事場だった。

奥様も細面の美人、すでにお二人には6ヶ月くらいのあかちゃんと、ももかちゃんと言ったか、

三人で新生活をしているらしい。

社長が祝辞を、若いけれど努力家のようだ。

それから祝宴が始まりまずは「知恵っこヨサレ」 これって函館ではよく聞くうた。

ヨサレ節ってあるのかな、津軽地方かな。

後は友人達がいろいろ歌を披露していた、女性達も美しく着飾って御両人と写真に収まって

いた。 当人達と同様に友人、御家族にとっても一大イベントである。

二次会もあったのかな、私は近所の方とタクシー捕まえてまっすぐ御帰還、

いまひとつの料理はなんというか残念、ビールだけは少々飲みすぎ。

N家の幸せであるよう、この幸せを支えられる職場でずっとあるよう祈り、誓った次第である
 
。頑張ってゆこうね。 

この記事へのコメント

2008年06月30日 07:44
結婚式の披露宴ってのはおめでたいようでいて、
何だか疲れる儀式ですね。
今回の場合のようにように会員制のある程度自由意思で
参加できるものなら好いけど、招待状が来てしまえば
逃げられませんからね(泣)
結婚式は心から祝福できる関係にある人のものにだけ
出席するのが、今の僕の願望です♪
田舎の老人
2008年06月30日 16:41
御めでたい席に出席出来る事は、とても喜ばしい事ですね。カサブランカも、在りし日の思い出が、蘇えったでしよう。私の年に成りますと、白のネクタイよりも黒が多く成りますね、自分もおめでたい席に出て、思い切り飲んでみたいです。
カサブランカ
2008年06月30日 21:31
田舎の老人さん こんばんは そうですね、めでたい席はいつの日もよいものです。 とは言うものの一緒にさわぐ訳にもいかずに妙ではありますよ~。
とはいえお色直しから戻り中央を御席へ(これ高砂と言うんでしたっけ)しずしずと歩いた時声援がとんだので私も皆にまぎれて「N,がんばれ!」やってしまいました(笑)。後はテーブルの方々と楽しく食べたり飲んだり。 ただ、この婿さんがお嫁さんからの手紙を聞きながらホロリと涙ぐんでいるのを見て
、さらに「がんばれ!」と言わずにおれませんでした、彼にもきっと最良の日ではなかったか、と。 こうして男になって行くんだろうな、っと思ったカサブランカでしたよ。
カサブランカ
2008年06月30日 21:54
達さん なかなかこの儀式というのが・・・企画力次第なのでしょうね、どの程度の人数を集めどのような余興を準備して料理はどういう感じにするか、飲み物はどの程度まで準備するか、とか。なんでもビール、ウーロン茶は込みだけど、オレンジジュースは別料金だったらしいよ、なんて言っていましたよ。こういう所を発起人が帳簿付けするんでしょうかね、よくはわかりません。とりあえず新郎の誕生日のこの日に新婦は June Bride になったらしいです。まずは安泰な家庭を築いて欲しいものです。 
2008年07月01日 21:09
こんばんは。
あのハンドボールの好青年ですね~♪
結婚式のお料理がいまいちなのは残念でしたね(^_^;)
でもやっぱり結婚式はおめでたいですね☆

カサブランカ
2008年07月01日 21:53
ゼラニュウムさん こんばんは そうです、彼です。 姿勢もスポーツマンらしいでしょうヽ(=´▽`=)ノ 料理ね、私が飲み物のほうに夢中になっていたからかな、とも思うのですが・・・。とりあえずは披露宴の主役は新郎・新婦ですからね。 札幌あたりも会費制? たまにはよいものですね、続いたらちょっと~(^_^;)。

この記事へのトラックバック